0コメント

今日は旅の話 ~デッドフレイinナミビア~

ナミビア.jpg

ナミビア、、、日本から航空機で約24時間。アフリカにある国。
そこからさらに車で1日かけていく『ナミブ砂漠』
ナミブ砂漠はナミビアの大西洋側にある砂漠でおよそ5万k㎡の広さ。
約8000万年前に形成された世界最古の砂漠地帯といわれている。
そして『世界一美しい砂漠』・・・

中でもディューン45と呼ばれる砂丘からの景色が特に素晴らしいといわれている。
2012年の紅白歌合戦で『MISIA』さんがここで歌っていた!

そんな美しい砂漠の中でも死の谷と呼ばれているところがある。そこが・・・

デッドフレイ(Deadvlei)

かつては川で洪水により形成された沼地だった。
気候変動により水が干上がり現在のような状態になっている。
そのため、ひび割れた白い地面と900年前に枯れてしまった木々が砂漠の真ん中に存在している。
赤い砂丘、白い地面、黒く立ち枯れた木のコントラスト、ここでは神秘的な光景が広がる。

乾燥したことにより通常、木に生息している微生物までもが生息できず、
分解されることなく当時のままの姿で枯れ木となり現存している。
太陽と共存できるベストな写真が取れる時間は朝と夕方の1時間だけといわれている。

厳しい自然環境が生み出した奇跡の枯れた沼地の光景に圧倒される旅・・・
ナミビアにはそんな世界が待っている。

この記事へのコメント

スポンサーリンク